妊娠中でもイボの治療に液体窒素は大丈夫?

妊娠したら顔や首、デコルテにイボができてしまった、なんて経験はおありではないでしょうか?

実は、妊娠中は、肌トラブルが起きやすくなることがあるのです。
母体は、出産準備に入り、たくさんの栄養を赤ちゃんへ送りますよね。
そのため、美肌に必要な成分までとられてしまうなどして、ターンオーバーが乱れる、あるいは、皮膚の免疫力が低下してしまうことが原因となるのです。

授乳期も同じく肌トラブルが起きやすいです。

また、産後すぐには運動などもできないため、体力が落ちる可能性があり、それもまた、元となる場合があります。

では、妊娠中~産後しばらくの間にイボができてしまったどのようなケア方法があるのでしょうか?
早速、みていきましょう。

-病院で治療(液体窒素)
皮膚科で液体窒素にて治療する方法などがございますよね。
こちらは、妊娠中でも受けられます。

しかしながら、液体窒素の場合は、
・かなりの痛みがある
・1度では完治しないため、何度か通院し、その都度、施術する必要がある
・施術毎に数日のダウンタイム(赤みが残る)がある
といった点が気になってしまいます。

デリケートな時期に何度も病院まで足を運び、液体窒素で、焼かれるような痛みを伴う治療をするのは過酷だと思います。
妊娠中はストレスもよくないと言います。母体が痛みによるストレスを感じるのはなるべく避けたいですよね。

また、産後にしても、赤ちゃんを連れて病院へ行くのはきびしいかと思います。
できれば控えたい、という方が多いのではないでしょうか。

どうしても、妊娠中でも皮膚科で治療をしたいという場合以外は、あまりおすすめいたしません。

-ホームケア
液体窒素治療など、病院での治療を避ける、となると、残るはホームケアですよね。

自宅でケアする場合は、せっかくなので、痛みがなく、安全かつ、手軽に行えるものを選びたいところ。
※自分でハサミなどを使って切り取るなんてことは絶対におやめくださいね。大怪我や、さらなる肌トラブルの元となりかねませんので。

リサーチした結果、艶つや習慣がベストかと思いました。
艶つや習慣は、イボケアと、スキンケアが同時に行えるオールインワンジェルです。

体内外のイボに効く抗腫瘍作用を有し、美肌効果もあるハトムギエキス、保湿効果も高く肌をなめらかにするあんずエキスをたっぷり含んだ艶つや習慣。
ハトムギとあんずだけではなく、ヒアルロン酸、コラーゲン、クチナシなど乾燥対策にも最適な保湿作用の高い成分も配合されており、イボ改善と、なだらかで艶のある美肌作りをサポートしてくれますよ。

朝・夜の2回、清潔な肌へマッサージするように塗りこむだけ、と、とっても手軽に使えます。
また、艶つや習慣の上からメイクもできますし、異なるスキンケアアイテムとの併用も可能なので、使い勝手もいいときています。
艶つや習慣は、妊娠中にも自宅でイボケアするなら、おすすめ! なアイテムです。

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ