漢方や化粧品、ヨクイニンを配合した商品に副作用はある?

漢方としてヨクイニンを服用すると肌にいいって聞くけど、どんなものなのか。副作用はあるのか? また、化粧品の場合はどうなのか?
気になるので調べました。

-ヨクイニンとは?
ハトムギ(イネ科)の皮を取りはらった成熟種子です。生薬であり、古来から肌トラブル改善に優れた効果を発揮するとされ、使用されてきました。
呼び方が違うだけでハトムギのことです。
ヨクイニンはたくさんの栄養素をバランスよく含んでいます。鉄分、たんぱく質、カルシウム、ビタミンB群などです。
美容目的のみならず健康目的でも使用される所以ですね。

そして、ヨクイニンには、
・皮膚の新陳代謝をあげる
・炎症を抑える
・老廃物を排出する
・イボなどの異物を取り除く
などの作用があります。

この作用がイボや吹き出物に効果的とされており、医療機関でも漢方などとして使用されているのです。

-副作用は?
植物由来の天然成分なので、基本的に副作用はございません。
ただし、これから説明いたしますが、アレルギー体質をお持ちの方は、注意が必要な成分でもあります。

-漢方として内服する場合の注意点
ヨクイニン(ハトムギ)は小麦なので、小麦アレルギーをお持ちの方が服用すると、アレルギー症状が出てしまう恐れがあります。

また、ほかの副作用にもご注意ください。というのも、ヨクイニンは大丈夫な体質でも、漢方薬の中に含まれているほかの成分に反応してしまうこともあるのです。
そうなると、かぶれ、発疹、蕁麻疹などの症状があらわれます。
これらの副作用があらわれた場合は、直ちに診察してもらってくださいね。

ご自身のアレルギーの種類がわからない、といった場合は、まずは服用を控えられ、ご希望の漢方薬名を医師に伝えて、服用しても問題ないか聞いてください。
漢方=体にいいもの、だから大丈夫、というわけではないので、体質によっては、ご使用しないでくださいね。

-化粧品として使用する場合の注意点
商品にもよりますが、多くの場合、漢方に比べて配合量が少ないかと思います。
なので、問題ない場合がほとんどかとは思いますが、体質や体調によって異なるため、注意が必要です。
また、商品によって配合量も違いますので念のため、お調べくださいね。

アレルギーをお持ちの方は、成分表を見る、医師へ相談するなどして、事前に調べられた上でご使用ください。
また、使用途中で、異変を感じたらすぐに使用を中止し、診察してもらいましょう。
症状が出てしまったとき、自己判断は危険ですよ。

ちなみに、まだ発覚していないだけで、アレルギー体質である場合もございます。
病院で、何に対するアレルギーを持っているか検査できますので、ご不安でしたら、調べておかれるのも手かと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ